赤ちゃんを迎える環境を整える 妊娠中、体調が安定しているうちに赤ちゃんを迎える準備にとりかかりましょう。安心して出産を迎えられます。

※教材のデザイン・名称・内容等は変わることがあります。

リストを印刷する
やっておきたいことリスト
赤ちゃんを迎えるための部屋・スペースをつくる 育児用品を準備する
ママ友との出会いの場を探しておく 家計を見直す
名づけの準備をする 出産関連手続きを確認しておく

赤ちゃんを迎えるための部屋・スペースをつくる

ベビーベッドの設置場所、育児用品の収納スペースなどを早めに考えて確保しておきましょう。しばらく使わないものは奥にしまうなどしてすっきりしたレイアウトにしておくと、おなかの大きいママや赤ちゃんにも安心です。アレルギーを予防する意味でも、部屋はしっかり掃除しておきたいですね。

先輩ママの口コミ体験談【部屋の準備はこれがおすすめ!】

家具の配置決めは早めに

ベビーベッドの配置などしっかり考えておくべきです。産後はバタバタ忙しいのですべて用意したうえで退院できれば帰ってきてもスムーズに生活をスタートできます。細かい配置(オムツを置く場所)などは使いながら自分が一番動きやすい配置に変えればよいと思います。

マットで安全、寒さ対策

衝撃を吸収するマットを敷いておいてよかったです。床が やわらかいだけでなく、少し厚めのものを買ったので冬の寒さ対策にもなりました。

育児用品を準備する

産後すぐに必要になるものはリストアップして、レンタル・購入などを検討し、用意しておきましょう。赤ちゃんの服を買うときは出産時期の季節・気温を考慮して。新生児期のサイズはすぐに小さくなってしまうことも多いので、必要最小数にして産後に買い足すとよいでしょう。

先輩ママの口コミ体験談【買っておけばよかったものはこれ!】

授乳クッション

出産後、思っていたよりも授乳中に赤ちゃんを支えるの がつらく、急いで旦那さんに買ってきてもらったのですが、大きさや、形などが自分に合わず、結構使いにくいものを無理やり使う羽目に・・・。妊娠中におなかに巻いて、大きめのものを自分で選んで買いたかったです。

抱っこひも

新生児から使える抱っこひもは、1カ月健診にひとりで行く場合ベビーカーで行くと泣いたときに抱っこするとベビーカーが邪魔になるので、買っておけばよかったです。それに家で家事をするときもずっと抱きっぱなしでは何もできないので、抱っこひもは便利です。ちなみに私は横抱きを買ってしまったのですが、絶対新生児から縦抱きができる抱っこひものほうがよいです(T_T)

妊娠中に実物のチェックを

抱っこひも、おまるなどの必要になるであろう育児用品を見ておけばよかったです。産後はなかなか外出できないのでネットでの購入が多く実物をなかなか見に行けません。

70サイズまで購入

新生児の肌着は50サイズが一般的ですが、70サイズまで肌着や着る服などは購入しておいてよかったです。購入したくても行って選んでいる暇が出産後はなかなかありません。余裕ができる4カ月以降に購入すればよいもの以外は、入浴剤、保湿クリームなども購入しておいたほうがいいと思います。

チャイルドシート

チャイルドシートは生まれてから買おうと思っていましたが、出産後に退院する時から必要でした。用意しておいてよかったです。

授乳服

産んでからはじっくり選ぶ時間がないので、マタニティーウェアを買うなら先のことを考えて、授乳も出来る服を買っておけばよかったと思いました。

ママ友との出会いの場を探しておく

妊娠前には知らなかった、近所の公園や、地域の児童館などの場所を、今のうちに下見しておくと安心です。児童館では赤ちゃん向けのイベントなどが開催されていることが多いのでチェックしておくとよいですね。

家計を見直す

家族構成が変わるので、今入っている保険の見直しを。また学資保険などの検討も早いうちが安心。出産直後は、育児用品の出費だけでなく、お祝い行事や内祝などにもお金がかかるので、そのぶんを見越してプランを立てておきましょう。

名付けの準備をする

出生届は、出産の日を含めて14日以内に提出します。今から名前の候補を考えておきましょう。納得のいく名づけのために、早めに家族で話し合っておくとよいですね。

出産関連手続きを確認しておく

出生届の提出の段取りを決めておきましょう。

 また、出産育児一時金や働いている女性の出産手当金などの支給についても事前に確認しておきましょう。赤ちゃんの児童手当・医療費助成などについても、申請方法などを自治体に確認しておくと安心です(出生届の提出時に案内がある場合も)。内祝は出産のお祝いを頂いたかたに、1カ月以内をめどにお礼の品を贈ることが多いので、品物などを検討しておきましょう。

先輩ママの口コミ体験談【その他、こんなこともおすすめ!】

内祝いの準備は出産前に

産後に買いに行くのは大変だし、予想以上にたくさんのかたからお祝いを頂いたり、意外なかたからもらうことも。金額や、親密度ごとにこういうものをお返しするというのを決めておいて、すぐ注文できるくらいにしておくとよいです。

食材宅配サービスを調べる

買い物に出るのも大変なので、食材宅配のサービスを調べておけばよかったです。

パパにも頼めるよう、リストにしておく

出産費用の手続きに必要な書類やお金、役所に提出する出生届などの一覧をパソコンで作っておきました。どれを優先して提出するか、何の書類を取り寄せるかをわかりやすくしておいたのは正解でした。 産後しばらくは外出できないので絶対やっておくべきです。

産後は無理せず、子どもの世話だけを

自分では大丈夫と思っていましたが、産後、精神的に不安定な状況が続きました。「動ける」「できる」と思って、産後すぐに周囲へいろいろと気を使ったりしていたことも影響していたのかもと思います。可能な限り、産後1カ月はゆっくり、のんびり、目の前のわが子の世話だけをするのがよい!とお伝えしたいです。

出産・育児に強い身体をつくる 赤ちゃんを迎える環境を整える 赤ちゃんの育児や遊びについて調べる サポート体制を整える 産後にできなくなることを楽しむ

生後7カ月、そろそろ部屋の安全対策を強化しないと・・・など、育児の悩みを月齢別にタイムリーにサポート

赤ちゃんの月齢に合わせていまやるべきことがわかる 【月齢別】育児情報誌を毎月お届け! 〈こどもちゃれんじbaby〉の、詳しい内容はこちらから!

赤ちゃんの心と体を育てる月齢別の成長と遊びガイド

産後はこちら、0歳の一年間にやっておきたいこと63

妊娠中に資料請求されたかたに 赤ちゃんWELCOME手帳 全員無料でプレゼント!