デジタル教材?紙のワーク?幼児期に合った学びかたはどっち?

最近増えてきたデジタルでの学び。
紙教材と比べ、どちらがいいのか悩みますよね。
実際に体験したかたや専門の先生に、
違いや注意点をお伺いしてきました!

年中さんママ
そろそろお勉強っぽいことをさせてみたいと、
資料を取り寄せ検討中。

デジタル教材の場合
紙教材の場合
愛知淑徳大学
人間情報学部准教授
佐藤 朝美先生 教育工学、幼児教育、
学習環境デザイン専門
デジタル教材と紙の
ワークでの学びが両方できる
それぞれの良さを活かした学びができるからしっかり身につきます。デジタルワークでは繰り返し問題に取り組み、自動のマルつけ機能で定着。紙のワークでは自分の手で文字をなぞったりすることで運筆力を高めたり、机に向かう集中力を高めることで小学校の学習への準備につながります。
デジタルワークの追加受講費は不要!
全て受講費内で取り組める
専用タブレット代などが無いので、安心して始められます。
  • スマートフォン・タブレットのお届けはありません。
  • 12ヵ月分一括払いの場合。最短2ヵ月から受講できます。(キャンペーン時除く)
  • 受講費はコース・開始月により異なります。
    詳しくはこちら
幼児期には
さまざまな体験の中で
学ぶ
ことが大切です。
〈こどもちゃれんじ〉は
デジタル・紙、両方の教材
お子さまの
「できた」「わかった」を
応援します!

教材について詳しくはこちらから

入退会金0円・送料別途不要

入会のお申し込み

入会の
お申し込み