1. トップ
  2. 年中さんの「なぜ?」は知的好奇心の芽。すくすく伸ばすために大事な3つのポイント

年中さんの「なぜ?」は知的好奇心の芽。すくすく伸ばすために大事な3つのポイント

年中さんの「なぜ?」は知的好奇心の芽。すくすく伸ばすために大事な3つのポイント

この記事は2分で読めます

「どうして髪の毛はのびるの?」「海の波ってどこからくるの?」「空が青いのはなんで?」「夜はなんで暗くなるの?」大人も答えに困るような素朴な疑問は、考える力がつき、知的好奇心が芽生え始めたサイン。この時期、おうちのかたが疑問を受け止め、お子さまが発見を楽しむことで、小学校の学びや考える力につながる、知的好奇心がさらに育まれます。芽生え始めた知的好奇心、この夏の遊びで、楽しくすくすく伸ばしてあげませんか?

年中さんは、
「なぜ?」と考えられる時期

2・3歳頃は「これ何?」と名前を聞きますが、年中さんくらいになると「なぜ?」「どうして?」と理由や原因を聞く質問が増えてきます。年中さんは、変化や違いに気づくようになり、ものごとのしくみが気になる時期。じーっと観察して特徴に気づいたり、見て聞いてさわって五感を使いながら、いろいろな発見を楽しみます。頭の中でいろいろなことを考え、体験を通して納得したり、さらに発見をすることで「もっと知りたい」という好奇心が育ちます。この時期育つ知的好奇心は、小学校以降の学ぶ力につながる大事な力です。

「でも素朴なギモンって、答えるのがすごく難しい…」「間違えたことを教えたらどうしよう」というかたがいらっしゃるかもしれませんが、大丈夫!大事なことは、正解を教えることではありません。

年中さんの知的好奇心が
すくすく伸びるために、
大事な3つのこと

年中さんの「なぜ?」「どうして?」には、答えがわかることよりも、疑問を一緒に楽しみたいという気持ちと自分でナットクしたいという気持ちがあります。知的好奇心を伸ばすために大事なことは、おうちのかたの共感と促しなんです。

ポイント1

「なぜ?」を共感し、受け止める

お子さまにとって、おうちのかたに聞いてもらうことはうれしいこと。「フシギだね」「おもしろいギモンに気づいたね」と気づいたことを認めたり、考える姿勢を肯定してあげることが「いろんなことが知りたい」という前向きな気持ちや、さらなるギモンをもつ姿勢につながっていきます。

ポイント2

観察や発見を通して、自分で考えることを促す

ギモンは出てきたけれど、お子さまが「どこから考えたらいいかわからない」「何をみたらいいかわからない」と、考えるきっかけが必要なときがあります。そんなときは、「ほかのものと比べてみよう!」という声かけなど、気づきにつながる視点やヒントがあると、考えることがもっと楽しくなります。

ポイント3

実際の体験を通してわかる

出てきたギモンを調べたり、本で読んで理解したりするのはすばらしいことですが、さらによいのは実際の体験を通して理解すること。自分でやってみる、実際のものを見て聞いてふれてみるなど、ギモンをきっかけに「わかった!!」の楽しさが感じられるとよいですね。

「自分で考える力」は将来の学びにつながる大事な力

年中さんの素朴な「なぜ?」を見逃さず、知的好奇心を伸ばしていくことは、小学校以降に大切な「自分で考える力」につながります。たとえば、「なぜ?」のギモンを解消するために、注意深く見聞きすること、じっくり眺めて比べることで、じっくりと考える力が養われます。また、ギモンが解消して「そうなんだ!」と達成感を得ることや「もっと知りたい!」と何回も挑戦する体験は、自分から学ぶ姿勢や学習意欲につながります。

年中さんの今芽生えている「なぜ?」は、これから先の大きな力につながります。今はまだ小さな芽かもしれませんが、芽生え始めた好奇心をすくすく伸ばせるとよいですね。

お子さまの知的好奇心を
伸ばす教材って?

年中さん時期の「なぜ」が大切で、知的好奇心を伸ばすことが大切なのはわかったけど、自分で教材を選んだり、つきっきりで見たりするのは難しそう…というかたには、〈こどもちゃれんじ すてっぷ〉がおすすめ。発達に合った内容で、お子さまが楽しく考え、知的好奇心を伸ばせます。

夏の特大号では観察する視点を身につけ、実体験と結びつけながら、自分で考える力を育める教材をお届けしています。

今入会すると届く教材について

締切

夏の特大号(7月号)の
最終申込締切日

7/5

  • 締め切りはコースごとに異なります。

入会金0円・送料別途不要

入会のお申し込み
  1. トップ
  2. 年中さんの「なぜ?」は知的好奇心の芽。すくすく伸ばすために大事な3つのポイント

×

入会の
お申し込み