いつから?どうやって?ひらがなの教え方

ひらがなって、何歳ごろに読める・書けるようになるの?

個人差がありますが、興味に備えて
文字に親しむ環境づくりが大切です。

読み書きができると、自分で絵本を読む、お手紙を書くなど、体験の幅が広がります。
文字に親しめる環境を整え、興味をもった時に取り組めるようにしてあげたいですね。

データから見るひらがなの発達

3〜6歳で、「読める」子が90%に

3〜4歳にかけて、ひらがなが全部読める子が一気に増えるようです。

ひらがなが「全部読める」子の割合
出典:〈こどもちゃれんじ〉「発達段階調査」より
  • ※各年齢とも6カ月時点での割合。
    例:2歳6カ月小数点以下は四捨五入
  • ※2007年5月から2008年3月に、全国の5歳児以下のお子さまをおもちの保護者4,800人にインターネットで調査。

すぐに興味を示さなくても、焦らずに。ひらがなポスターを貼るなど、生活の中で「ひらがなって楽しそうだな」と思えるようにしてあげることが大切です。

4〜6歳で、「書ける」子が76%に

4歳からは、園でのお手紙交換などをきっかけに、自分で「ひらがなを書きたい!」という意欲がわいてくることが多いようです。

ひらがなが「全部書ける」子の割合
出典:〈こどもちゃれんじ〉「発達段階調査」より
  • ※各年齢とも6カ月時点での割合。
    例:2歳6カ月小数点以下は四捨五入
  • ※2007年5月から2008年3月に、全国の5歳児以下のお子さまをおもちの保護者4,800人にインターネットで調査。

しかし、いきなりドリルを買ってきて書かせる、というやりかたでは嫌になるとの声も。
興味をもった機会を活かせるよう、遊び感覚で楽しく書きをスタートできる教材を用意しておくとよいですね。

どうやって、ひらがなに楽しく親しむ環境を用意すればよいかしら?

年齢に合わせて、徐々にステップアップできるように準備していきましょう。

ひらがなに興味をもつところから正しい書き順で書けるようになるところまで、次のように徐々にステップアップしながら学べる環境を用意できるとよいですね。

年少さんでは「読み」と「書き準備」

ひらがなの読み

園や普段の生活の中で、ものの名前をひらがなで表せると知るにつれ、読みへの興味が出る子も増えてきます。その興味を見逃さず、楽しみながらひらがなに取り組めるとよいですね。

〈こどもちゃれんじほっぷ〉では

文字や絵をタッチすると、ひらがなを読み上げるタッチペンをお届け。お子さまひとりでも使えるので、夢中で遊ぶうちに自然とひらがなが読めるように。

体験している動画をみる

ひらがなの書き準備

書くことに慣れてない年少さん。いきなりひらがなを書くのではなく、直線や曲線などの運筆力を高めるところから始めましょう。

〈こどもちゃれんじほっぷ〉では

かくちから ぐんぐんセット

秋以降は、楽しみながら書きの準備ができる「はじめてのえんぴつプログラム」がスタート!ひらがなを書くための運筆力を育みます。

ほっぷ 3・4歳(年少)向け〈こどもちゃれんじほっぷ〉

最新の教材情報をみる

年中さんには「書き」と「カタカナ」

ひらがなの書き

園や普段の生活の中で、ものの名前をひらがなで表せると知るにつれ、読みへの興味が出る子も増えてきます。その興味を見逃さず、楽しみながらひらがなに取り組めるとよいですね。

〈こどもちゃれんじすてっぷ〉では

ひらがななぞりん

光と音のサポートがある「なぞりがき」で、楽しみながら46文字全てのひらがなを書けるようになります。

カタカナの読み

ひらがなの次はカタカナへ。

〈こどもちゃれんじすてっぷ〉では

カタカナ スタートセット

12月号からは、「カタカナの読みプログラム」がスタート!楽しいキャラクターと一緒に、カタカナ46文字の読みを学べます。

すてっぷ 4・5歳(年中)向け〈こどもちゃれんじすてっぷ〉

最新の教材情報をみる

年長さんには「書き順」

ひらがな・カタカナの書き順

間違った癖がつくと直しにくい「書き順」。
小学校入学前に、無理なく正しい書き順で文字が書けるようになるといいですね。

〈こどもちゃれんじじゃんぷ〉では

かきじゅんしらべるマスター と キッズワーク

わからない書き順は自分で確認。「自分で調べる」習慣づくりにも役立ちます。また、エデュトイとワークを一緒に使えるので、楽しく正しい書き順を身につけられます。

体験している動画をみる

じゃんぷ 5・6歳(年長)向け〈こどもちゃれんじじゃんぷ〉

最新の教材情報をみる

  • ※ここで紹介している教材のデザイン・内容などは変わることがあります。
  • ※ここで紹介した教材は、入会の月号によってはお届けできない場合があります。